「農業体験に参加!」へようこそ。このサイトは料理講習、アイスクリーム作り、パン作り、ソーセージ作りなど農作業にとわられない各地の農業体験について解説したサイトです。

土と触れ合う


農業体験とは農村地域に行って農業を体験することのようです。
普段、都会で生活していると、農業体験でもしない限り、土と触れ合うことは少ないと思います。
また、子どもに農業体験を通して農作物の収穫の喜びを感じて欲しいと思う親も多いでしょう。
そのような方々が農業体験を通して、土とふれあい、野菜や果物を育て、収穫して農業に親しむようです。


農業体験を学校で行っているという場合も多いでしょう。
我が家の子供も学校で行った野外活動で農業体験をしたようです。
牛の乳搾り、りんごの収穫などをしたので、農業体験は大変楽しかったのだとか。
家が農家でないかぎり、自然の中で果物を収穫したり、牛の乳搾りをすることはないのではないでしょうか。
そのような環境で育っている子供は、農業体験を通じて農業を知るしかないと思います。


農業を知らない我が家の子供は小さい頃、穂の付いた草を見て「米だ」と言っていました。
それを見た私は、子供が稲を見た事が無いことに気付き、どうしたものかと首を傾げてしまいました。
農業体験をすれば、米がどのようなものなのか、理解することができるでしょう。
また、農業体験をすれば、野菜や果物を育てることがどれほどに大変なことなのか、身をもって分かるのではないかと思います。
しかし、なかなか農業体験をするチャンスというのは訪れず、我が家の子供は学校で野外活動に出掛けるまで、野菜や果物を育てるということがどういうことなのか、理解できなかったようです。
家のベランダで野菜を育てていますが、ベランダと畑ではスケールが違うので、我が家の子供は農業体験を通して、土のありがたみ、水のありがたみ、太陽のありがたみを理解することができたように思います。
ただ、我が家の子供は学校の野外活動で農業体験をすることができましたが、そうではない子供も大勢いるのではないでしょうか。


農業体験をしたいと考えている方は、ネットで情報を集めてみると良いと思います。
ネットを活用すると、気軽に農業体験をすることのできる場所を見つけることができます。
また、子供だけでなく、大人でも農業体験のできるところをネットで見つけると良いと思います。
今、定年退職後、畑を持ち、野菜を育てる方が増えているようです。
ただ、素人が野菜を育てようと思っても、始めは上手くいかないでしょう。
いきなり畑を作るのではなく、農業体験をして野菜の育て方を学んでから畑仕事に精を出すと良いのではないでしょうか。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

農業体験に参加!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.papyromancer.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。